サングリン太陽園 太陽と水と土Net
産業無人ヘリコプターの利用分野
スカイテックアカデミー
メンテナンス体制
北海道における無人ヘリコプターのあゆみ
FAZER Rカタログ
産業用マルチローター
除草剤散布用無人ボート
   2. 農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
新規および適用拡大登録農薬に関する情報
太陽と水と土×Mail Magazine
ここにいいもの、美味いもの 北海道
メディア情報
YAMAHA SKYTECH
全国農薬共同組合
農薬インデックス
農林水産航空協会
本社
札幌市白石区流通センター6丁目1-18(株式会社サングリン太陽園内
事業本部/札幌北・南サービスセンター
江別市文京台42番地9号
TEL (011)387-8001
FAX (011)387-8003
旭川サービスセンター
旭川市工業団地1条2丁目1番14号
TEL/FAX (0166)76-7830
滝川サービスセンター
滝川市流通団地1丁目5-20
TEL/FAX (0125)-74-4466
函館サービスセンター
北斗市追分68番地4
TEL/FAX (0138)86-5032

2018/5/26(土)
本日5月26日(土)、午前7時より夕張メロンの初セリが行われました!
札幌市中央卸売市場で大勢の市場関係者や報道陣が見守る中、「札幌みらい中央青果株式会社」統合後、初となる夕張メロンの初セリが行われました。
鈴木直道夕張市長の、「いよいよ北海道の初夏の風物詩、夕張メロンの初セリを迎えることができました。心から皆様に御礼申し上げます。産地の皆様が、1つ1つ丹精をこめてすばらしいメロンを出荷していただきました。平成最後のセリになると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!」というあいさつの後、セリがスタート。今年度の出荷量は254箱、507玉が出荷され、生産者件数は8件での初セリとなりました。一番品は2玉入過去最高額【320万円】にて競り落とされました。
本年は天候が安定しない状況の中、生産者個々の努力により例年通りハウス施設のビニール被覆作業や苗床の管理等が行われ、定植からほぼ遅れのない生育で進みました。4月上旬に実をつけたメロンが本日出荷となり、出来上がりは上々のようです。
本年の生産者110名による作付計画は面積で250ヘクタール、株数では72万株が定植されております。試食で振る舞われた夕張メロンは糖度がとても高く、甘さ、香り、ジューシーさどれをとってもやはり一級品でした。JA夕張ネットショップでは6月初旬の通常販売に先立ち、現在予約注文を受付中です。夕張市農協が自信を持って送り出す2018年の夕張メロンをぜひご賞味ください。


201805261.JPG

201805262.JPG

201805264.png

201805263.JPG

201805265.png

201805266.png
北海道植物防疫協会の第7回総会が開催されました
本日の北海道新聞に、サングリン太陽園が掲載されました
 

ページのトップへ