サングリン太陽園 太陽と水と土Net
産業無人ヘリコプターの利用分野
スカイテックアカデミー
メンテナンス体制
北海道における無人ヘリコプターのあゆみ
FAZER Rカタログ
産業用マルチローター
除草剤散布用無人ボート
   2. 農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
新規および適用拡大登録農薬に関する情報
太陽と水と土×Mail Magazine
ここにいいもの、美味いもの 北海道
メディア情報
YAMAHA SKYTECH
全国農薬共同組合
農薬インデックス
農林水産航空協会
本社
札幌市白石区流通センター6丁目1-18(株式会社サングリン太陽園内
事業本部/札幌北・南サービスセンター
江別市文京台42番地9号
TEL (011)387-8001
FAX (011)387-8003
旭川サービスセンター
旭川市工業団地1条2丁目1番14号
TEL/FAX (0166)76-7830
滝川サービスセンター
滝川市流通団地1丁目5-20
TEL/FAX (0125)-74-4466
函館サービスセンター
北斗市追分68番地4
TEL/FAX (0138)86-5032

2017/5/26(金)
本日5月26日(金)、午前7時より夕張メロンの初セリが行われました!
本日、大勢の市場関係者や報道陣が見守る中、札幌市中央卸売市場で夕張メロンの初セリが行われました。
セリの開始前に鈴木直道夕張市長から挨拶がありました。「いよいよ北海道の初夏の風物詩、夕張メロンの初競りを迎えることができました。心から皆様に御礼申し上げます。すばらしいメロンが今日集まり、昨年より一回り大きいメロンを産地の努力によってお届けすることができました。夕張のリスタート、素晴らしいメロン、過去最大の量をご用意することができました。今日からシーズンがいよいよ始まります。どうぞよろしくお願いいたします!」 という市長の熱い挨拶の後、セリはスタートしました。
今年度は過去最大数となる290箱の出荷量、生産者件数は9件での初セリ出荷となりました。 一番品は【150万円】で競り落とされました。 今年度の北海道は春先から天候不順な日が多く生育状況が心配されましたが、 加藤JA夕張市組合長は「ここ数日の日照にも恵まれ、過去最大の量をご用意することができました。産地一体となってさまざまな取り組みを行ってきた結果が出た。1件でも、1人でも、多くの方にお届けできればと思っております」と仰っておりました。
JA夕張ネットショップでは、6月初旬の通常販売に先立ち、現在予約注文を受付中です。 夕張市農協が自信を持って送り出す2017年の夕張メロンを、ぜひご賞味ください。

20170526.png
北海道植物防疫協会の第6回総会が開催されました
「除草剤散布用無人ボート」ページを公開しました
 

ページのトップへ