サングリン太陽園 太陽と水と土Net
産業無人ヘリコプターの利用分野
スカイテックアカデミー
メンテナンス体制
北海道における無人ヘリコプターのあゆみ
FAZER Rカタログ
産業用マルチローター
除草剤散布用無人ボート
   2. 農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
新規および適用拡大登録農薬に関する情報
太陽と水と土×Mail Magazine
ここにいいもの、美味いもの 北海道
メディア情報
YAMAHA SKYTECH
全国農薬共同組合
農薬インデックス
農林水産航空協会
本社
札幌市白石区流通センター6丁目1-18(株式会社サングリン太陽園内
事業本部/札幌北・南サービスセンター
江別市文京台42番地9号
TEL (011)387-8001
FAX (011)387-8003
旭川サービスセンター
旭川市工業団地1条2丁目1番14号
TEL/FAX (0166)76-7830
滝川サービスセンター
滝川市流通団地1丁目5-20
TEL/FAX (0125)-74-4466
函館サービスセンター
北斗市追分68番地4
TEL/FAX (0138)86-5032

2011/8/29(月)
福島市の子どもたちが夕張を訪れています
 8月21日(日)より、福島市の子どもたちが「夏のリフレッシュ体験」として、2回に分かれ夕張市に訪れています。夏休み期間中にさまざまな自然体験や交流活動の機会を提供するのが企画のねらいです。夕張市には旧道立夕張北高校を改装した合宿所「ひまわり」があり、屋内・屋外での各種体験メニューも豊富です。また、北海道の自然の恵みであるおいしい食べ物も楽しめることから、受け入れ先に挙げられたそうです。
 夕張到着時には地域の方による、沿道からの黄色いハンカチを振っての歓迎がありました。到着翌日、子どもたちは涼しい夕張の地で、朝から植物化石採集やクレイアニメ作りを体験。日が沈んでからは交流会が行われました。夕張太鼓の披露につづき、夕張の子どもたちも参加してのレクリエーションを楽しみました。第1班はキャンプファイヤー、第2班はお天気の都合でキャンドルサービスを行いました。
 終盤、JA夕張市・加藤専務から「新しい友達をたくさん作ってほしい。大きくなっても楽しい思い出を忘れずに、また夕張に遊びにきてほしい」と歓迎のあいさつが述べられ、JA夕張市ネットショップと北海道うまいもの農園協賛による花火がサプライズで打ち上げられました。参加した子どもたちには笑顔が浮かび、「昼食のメロンがとてもおいしくてしあわせだった。レクリエーションもたのしかった。花火はとてもきれいだった」などの喜びの言葉が聞かれました。 第1班は25 日まで北海道に滞在し、楽しい夏を満喫しました。第2班は25日に夕張市に到着。同様に各種体験を行っています。
yubarihanabi.png

「さっぽろオータムフェスト2011」開催中です
8月19日、北海道農薬卸協同組合主催による講演会が行われまし ...
 

ページのトップへ