サングリン太陽園 太陽と水と土Net
産業無人ヘリコプターの利用分野
スカイテックアカデミー
メンテナンス体制
北海道における無人ヘリコプターのあゆみ
FAZER Rカタログ
産業用マルチローター
除草剤散布用無人ボート
   2. 農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
新規および適用拡大登録農薬に関する情報
太陽と水と土×Mail Magazine
ここにいいもの、美味いもの 北海道
メディア情報
YAMAHA SKYTECH
全国農薬共同組合
農薬インデックス
農林水産航空協会
本社
札幌市白石区流通センター6丁目1-18(株式会社サングリン太陽園内
事業本部/札幌北・南サービスセンター
江別市文京台42番地9号
TEL (011)387-8001
FAX (011)387-8003
旭川サービスセンター
旭川市工業団地1条2丁目1番14号
TEL/FAX (0166)76-7830
滝川サービスセンター
滝川市流通団地1丁目5-20
TEL/FAX (0125)-74-4466
函館サービスセンター
北斗市追分68番地4
TEL/FAX (0138)86-5032

2011/6/24(金)
「農薬どさんこ塾inさっぽろ」が開催されました。

 6月22日(水)、一般のみなさまを対象とした農薬に関する勉強会「農薬どさんこ塾inさっぽろ」が開催されました。
第1部では東京農業大学客員教授 本山直樹氏による基調講演が行われました。「農薬とは?」と題し、「農薬とはそもそもなぜ必要なのか」「農薬の安全性はどうやって保証されているのか」など、農薬全般についての知識をわかりやすくお話いただきました。普段なかなか聞くことのできない貴重なお話に、多くの参加者がじっと聞き入っていました。

▲本山教授による基調講演

 


 第2部のパネルディスカッションは、参加者の皆様からの質問に、各分野の専門家が回答するというかたちで進められました。参加者代表として登壇した総合司会の橋本登代子様、酪農学園大学の安田瞬様はじめ、多くの方から多種多様な質問が投げかけられました。
コーディネーターの北海道植物防疫協会会長 児玉不二雄先生の軽妙な司会のもと、こうした疑問・質問に、本山教授、北海道農政部食の安全推進局食品政策課主幹 河野勉氏、農薬工業会事務局長 内田又左衛門農学博士、また生産者を代表してJAそらち南代表監事 国岡正好氏の4人のパネラーが、ていねいに、かつユーモアたっぷりに回答。イベントは終始なごやかな空気の中進行しました。
第2部の総括として児玉先生がおっしゃった「植物は外科的処置ができない分、農薬の重要性は高い。人が病気になると薬を飲むように、植物にも薬は必要であると考えていただければわかりやすいのでは」という言葉に、大きくうなずく参加者の姿も見られました。

▲左から橋本様、安田様、児玉先生

▲左から河野氏、内田博士、本山教授、国岡氏

▲たくさんの方が来場

▲全国農薬安全指導者協議会理事 北濱宏一による閉会挨拶

 閉会後、参加者には栗山町・由仁町産の新鮮野菜がプレゼントされ、盛況のうちにイベントは終了しました。
農薬どさんこ塾の目的は、「多くの方に農薬について考え、学んでいただく機会を提供し、農薬に対する正しい知識を持っていただく」というところにあります。今後もさまざまなかたちで、このような勉強の機会を提供していければと考えています。

病害虫発生予察情報~注意報 第11号・第12号発表
平成23年度安全運航研修会が開催されました
 

ページのトップへ