サングリン太陽園 太陽と水と土Net
産業無人ヘリコプターの利用分野
スカイテックアカデミー
メンテナンス体制
北海道における無人ヘリコプターのあゆみ
FAZER Rカタログ
産業用マルチローター
除草剤散布用無人ボート
   2. 農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
新規および適用拡大登録農薬に関する情報
太陽と水と土×Mail Magazine
ここにいいもの、美味いもの 北海道
メディア情報
YAMAHA SKYTECH
全国農薬共同組合
農薬インデックス
農林水産航空協会
本社
札幌市白石区流通センター6丁目1-18(株式会社サングリン太陽園内
事業本部/札幌北・南サービスセンター
江別市文京台42番地9号
TEL (011)387-8001
FAX (011)387-8003
旭川サービスセンター
旭川市工業団地1条2丁目1番14号
TEL/FAX (0166)76-7830
滝川サービスセンター
滝川市流通団地1丁目5-20
TEL/FAX (0125)-74-4466
函館サービスセンター
北斗市追分68番地4
TEL/FAX (0138)86-5032

2009/3/ 5(木)
スカイテックヤマハ会20周年記念ミーティングが開催されました

 スカイテックヤマハ会発足20周年・ヤマハ産業用無人ヘリコプター販売20周年を記念し、「スカイテックヤマハ会20周年記念ミーティング」が2月20日、東京・平河町の海運クラブで、農林水産省・大岡高行氏、日本農薬工業会副会長・福林憲二郎氏ら来賓と、関係者280名が参加し開催されました。
開会にあたり、主催者を代表して「スカイテックヤマハ会」青木邦夫会長より挨拶がありました。青木会長からは、「初年度モニターによる250haの散布に始まり、年々面積を拡大。平成15年にはそれまでの有人ヘリによる面積を超え、52万6000haに、平成20年には90万haの散布実績となり、いまや日本農業には無くてはならない基幹防除機となった。今後さらに期待される散布機械となる」とのお話があり、「これまでの無人ヘリに関わってきた関係各機関及び関係者に心から感謝する」との挨拶がありました。続いて、来賓の方々からの式辞、無人ヘリ発展に寄与した関係者への感謝状贈呈、映像でつづった「無人ヘリコプター事業の歩み」の上映などが行なわれ、最後に会員19社(各地スカイテック)代表による「安全宣言」で今後の安全作業を誓いました。


▲20周年記念ミーティング会場 ▲支援をいただいた方々への感謝状贈呈
▲無人ヘリコプターの20年を
映像でつづる
▲会員のオペレーター代表による
「安全宣言」

ヤマハ産業用無人ヘリコプターに関する情報はこちら

平成20年度産業用無人ヘリコプター事業検討会が開催されました
「ヤマハR/Club」が設立されました
 

ページのトップへ