サングリン太陽園 太陽と水と土Net
産業無人ヘリコプターの利用分野
スカイテックアカデミー
メンテナンス体制
北海道における無人ヘリコプターのあゆみ
FAZER Rカタログ
産業用マルチローター
除草剤散布用無人ボート
   2. 農学博士 児玉不二雄のWeb講座 植物の病気の話
新規および適用拡大登録農薬に関する情報
太陽と水と土×Mail Magazine
ここにいいもの、美味いもの 北海道
メディア情報
YAMAHA SKYTECH
全国農薬共同組合
農薬インデックス
農林水産航空協会
本社
札幌市白石区流通センター6丁目1-18(株式会社サングリン太陽園内
事業本部/札幌北・南サービスセンター
江別市文京台42番地9号
TEL (011)387-8001
FAX (011)387-8003
旭川サービスセンター
旭川市工業団地1条2丁目1番14号
TEL/FAX (0166)76-7830
滝川サービスセンター
滝川市流通団地1丁目5-20
TEL/FAX (0125)-74-4466
函館サービスセンター
北斗市追分68番地4
TEL/FAX (0138)86-5032

2009/3/12(木)
平成20年度産業用無人ヘリコプター事業検討会が開催されました
▲中島孝幸会長の挨拶
(そらち南農業協同組合代表理事専務)
 

 3月9日(月)、ホテルポールスター札幌にて北海道産業用無人ヘリコプター安全推進協議会(略称:北安協)主催の「平成20年度産業用無人ヘリコプター事業検討会」並びに「総会」が開催されました。
開会にあたり、中島孝幸会長より挨拶があり、その後、事業の動向等について、(社)農林水産航空協会斉藤武司理事、北海道農政部林幸冶主査等により報告されました。北海道における平成20年度の無人ヘリコプターによる散布は延べ面積12万haを超え、その重要性と社会的責任は増しつつあります。(下記の事務局発表「20年度散布実績集計」参照) 各演者からは、運用においては安全性とコンプライアンスを最優先するようにとの旨がそれぞれの見地、立場から発言されました。
記念講演は農学博士・本山直樹氏(東京農業大学客員教授)より「農薬に関する最近の話題」として、偽装「自然農薬」問題、有人ヘリと無人ヘリによる薬剤散布の比較等について講演されました。本山博士の解りやすい講演は、出席者の大きな共感を得ていたようです。
正会員、協賛会員120名が参加した研修会は北濱宏一理事(北日本スカイテック社長)の閉会の挨拶により終了しました。北安協の会員として、また無人ヘリ事業の一翼を担うものとして、無事故運用を目指したいと思います。

尚、検討会に引き続いて行われた総会において、下記役員が選出されました。

■平成20年 産業用無人ヘリコプター事業実施状況

 

(単位:ha・%)
作物名 実施面積 備考
水稲 112,113.3 91.5
畑作 10,421.5 8.5
 ・麦類 7,589.7
 ・豆類 1,750.8
 ・カボチャ 867.7
 ・アスパラ 179.3
 ・馬鈴薯 4.2
 ・てんさい 0.0
 ・とうもろこし 29.0
 ・長芋 0.8
合計 122,534.8 100.0

■北海道産業用無人ヘリコプター安全推進協議会 役員

職名 氏名 所属団体役職名
会長 中島 孝幸  そらち南農業協同組合  代表理事専務
副会長 国岡 正好  そらち南農業協同組合  代表監事
副会長 松下 博樹  ヤンマーユーザー代表  江別システムクルーズ
理事 沼田 泰明  ホクレン農業協同組合連合会  技術普及課長
理事 小野寺 雄  北海道農業共済組合連合会  農作部次長兼課長
理事 北濱 宏一  北日本スカイテック株式会社  代表取締役社長
理事 杉山 宏一  ホクトヤンマー株式会社  取締役CS推進部長
監事 辻村 幹雄  株式会社コハタ  取締役営業統括部長
ホームページを公開しました!
スカイテックヤマハ会20周年記念ミーティングが開催されました
 

ページのトップへ